Jo:Bi 吉田学園情報ビジネス専門学校

GAME CREATOR ゲームクリエイター学科[3年制] GAME CREATOR ゲームクリエイター学科[3年制]

ゲーム業界の第一線で活躍するプロに直結。

今後の技術進歩にも柔軟に対応し、長く活躍できるゲームクリエイターになるため、
ゲーム開発に欠かすことのできないプログラミングスキルを重視したカリキュラムで学ぶ。

目指す職業

  • ゲームプログラマー
  • ゲームデザイナー(プランナー)
  • エンジンプログラマー
  • 物理プログラマー
  • グラフィックスプログラマー
  • ツールプログラマー
  • ゲームプロデューサー
  • ゲームディレクター

目指す資格

ゲーム業界では、
ゲーム作品のクオリティが
採用の判断基準になるため、
ゲーム業界で必須の資格は存在しません。
そのため、ゲームクリエイター学科では、
ゲーム制作に多くの時間を費やします!

POINT学科の特徴

教員は全員がゲーム業界出身のゲームクリエイター!

授業の全てが、現場で働くことを考えて作られているカリキュラム。
プログラミングのスキルはもちろん、ゲーム制作の全工程、
さらに面白いゲームとは何か考える思考まで学びます。
『面白い・楽しい』を生み出すクリエイターとしての知識と技術を学べます。

とにかく実践重視!1年次だけでも最低4本制作。

基本を学んだら、実際にやってみる。そして、与えられた課題クリアに向かって取り組みます。
自分のしたいことをかたちにできるようにする授業になっているので、発想力から技術力まで力を磨いていけます。
また、個人制作だけでなく、チーム制作をおこなう授業も多くさらに全学年合同のイベントも多くあるので、
働くうえでのコミュニケーション力も身につけられます。

作品発表会

個人やチーム制作で完成したゲームは、提出して終わりではなく「作品発表会」をおこない、学生同士でプレイをし、評価をします。
そして、受けた評価を生かして次のゲーム制作をおこないます。
「勉強→制作→発表」を繰り返し行うことで、ゲーム制作の実践力を身につけます。
また、発表することで就職面接時のアピール力にも繋がります。

ハッカソン

ゲーム制作の実践力を身につけるため、10時間でゲームを制作するイベントを定期的に開催しています。
4人1組という限られた人数で、決められたテーマのゲームを制作します。
4チームワークとゲーム制作のスキルが必要になるため、制作現場で求められるチーム制作スキルを磨けます。

ゲームキャラバン

さまざまなゲームに触れてもらうことを目的に、全学年合同でのゲーム大会を月に2回開催しています。
大会に向けて勝つためのゲーム攻略を研究し情報交換をする中で、
ゲーム制作でのアイデアやコミュニケーション力向上にも繋がります。

ROAD MAP就職実現までの道のり

MESSAGE在校生の声

奥定 伊吹さん
(飛鳥未来きずな高等学校出身)

先生の指導はどうですか?
授業はわかりやすく、会社で働いてたときの経験談も聞けるのでとてもためになります。最初に教えてもらってすぐに実習。失敗したときの「なんで??」と、実装できたときの「キター!!」を何度も反復しています。こつこつとプログラミングを積み重ね、カタチになる過程を理解しながら楽しんで作っています!
特に役立った授業は?
4人1組で10時間でゲームを作る「ハッカソン」は、一人で作るときとはまったく違うドキドキを感じました。学内ゲーム大会も開催されます。遊ぶは学ぶ。優勝したときの気持ちは最高潮です!
進学を考えている皆さんへ
「ゲームが好き」「ゲームを作ってみたい」という気持ちが少しでもあったらぜひJo:Biへ。勉強は大変な部分もあるけれど、それ以上にイベントや制作で「楽しい!」がいっぱいあります。

林 海斗さん
(釧路東高等学校出身)

Jo:Biを選んだ理由は?
ゲームプログラミングをしっかり学べると思ったからです。ノートPCが貸与されるのも魅力でした。そもそもゲームプログラマーを目指そうと思ったきっかけもJo:Biでした。高校生のときに進学相談会でJo:Biのゲームスペシャリスト学科(現ゲームクリエイター学科)を見つけ、この職業に興味をもちました。
先生の指導はどうでしたか?
先生方はやさしく、学生のペースに合わせて親身に授業を進めてくれるので、知識・技術がとても身につきやすかったです。和気あいあいとした楽しい雰囲気のなかで学ぶことができました。
進学を考えている皆さんへ
「ゲームを作りたい!」という強い気持ちを持っているなら、ぜひJo:Biで学ぶことをおすすめします。学校にゲームがたくさんあるので、思う存分ゲームで遊べるのも最高ですよ。

※現ゲームスペシャリスト学科の学生コメントになります。

STUDENT WORKS学生作品