NEWS

ココがPoint!|コンピュータグラフィックス学科

今日はコンピュータグラフィックス学科のご紹介です。

 

コンピュータグラフィック学科(2年制/定員30名)

 

 

CGは、映画やCM、アニメやゲームなど、さまざまなメディアで「作品を魅せるため」にあらゆる場所で使われています。

それは、それだけ就職先の幅も広い!ということになります。

 

 

そして、CG業界では特に専門性が高い3DCGの制作スキルが必要とされています。

 

 

Jo:Biこと「吉田学園情報ビジネス専門学校」では、3DCG制作スキルはもちろん、東京や札幌のCG・ゲーム会社などにヒアリングをして、「アニメーションスキルが高い人材」が欲しいとの企業のニーズをカリキュラムに反映しています。

 

例えば、モデラーが作った3DCGモデルを、実際にアニメーションさせる(動かす)のがアニメーターのお仕事ですが、こちらについて、株式会社バンダイナムコスタジオのクリエイターの方から直接、指導が受けられる「アニメーター講座」を実施しています。まさに企業直結の学びがあります。

 

さらに、最近ではアニメも3DCGでキャラクターや背景を作成し、「3Dっぽさ」を抑えて手書きのように見せる「セルルック」と呼ばれる技術を使った「3DCGアニメ」が増えてきていることもあり、より3DCGの需要が増えています。

※先日のサンジゲンさまの記事で紹介している作品も「3DCGアニメ」ですね。

 

 

だから、吉田学園情報ビジネス専門学校は、モーションに特化した学びを生かし、ゲーム、アニメ、映像業界でCGクリエイターとして専門職就職をしています。

 

【2020年3月卒業生実績】

 就職希望者に対する就職決定率100% そのうちCG業界就職決定率100%を達成!

 4年連続業界就職決定率100% 全員がCGクリエイターに!

 

 

 

2020年3月卒業生の卒業制作です。ぜひ見てみてくださいね。

 

 

もっと詳しくコンピュータグラフィックス学科のことが知りたくなった方は、ぜひパンフレットをご覧ください!

 

資料請求はコチラからどうぞ

 

お問い合わせ・ご質問などは、0120-607033 または public-computer@yoshida-g.ac.jp まで

 

 

 


 

sq_aisq_issq_cgsq_gspsq_goc_y

 

一覧に戻る